あいさつ
会社概要
営業拠点
先輩談
福利厚生
募集要項



  明治初年創業以来、時代とともに、人々のライフスタイルは刻々と変化し、コンビニエンスストアやスーパーストアなどの新しい業態の小売業が、次々に誕生しました。それは、小売業の業態変化などにとどまらず、流通つまり卸売業自体にも大きな変革を求めるものでした。
  いま食品流通商社は重要な転換点を迎えています。「メーカーから小売店へ、川上から川下へ、商品を動かすだけで良い」という時代は終わり、消費者ニーズとマーケット情報を的確につかみ、小売店やメーカーに伝え、具体的な販売増につなげることが、食品流通商社に期待されるようになりました。







近年、食品卸業界の環境は日々変化しており、多彩な食文化のルールも増加し、その中で、私たちは時代のニーズに素早く対応した販売促進を提案をすることが重要な営業方針になります。常に、お客様目線で売り場を巡店することで、顔の見える商売が可能になります。

また、静岡独自の食文化を熟知した地元の卸だからこそ、多様な商品情報の提供ができ、この地域密着の姿勢が当社の強みであると思っております。
日々の仕事の精度を高め、地域社会の発展に貢献できる仕事に誇りを持っております。





食品にとって、鮮度は生命線です。在庫管理については、欠品をふせぎながら最小限の在庫を維持することが求められます。
当社は、過去の経験に基づいたシミュレーションから必要最低限の在庫量を割り出し、商品ごとに在庫をきめ細やかに管理してきました。あわせて、オンラインによる迅速な発注により、在庫量の削減を図っていきます。また近年、多頻度小口配送のニーズが高まってきました。
当社は、配送センターの効率化と自動化をすすめ、お客様のご要望にあわせたジャストインタイム物流を実現しています。迅速に、正確に、鮮度の高い商品をお届けすること、それが、当社の物流戦略の最重要テーマです。





新商品が次々に誕生する食品業界。マーケットの情報に敏感でなくては、的確な商品仕入を行うことはできません。
当社は、マーケットの情報をいち早く正確につかみ、新商品を仕入れる際には必ず営業スタッフが試食をし、納得したものだけを仕入れるという体制を頑固なまでに貫いてきました。また、営業が情報を共有化するために、SFA[セールス・フォース・オートメーション]を導入。
商品の反響や販促の成功事項、お客様からのクレーム等の情報を逐一パソコンに打ち込み、ネットワーク上で情報を共有化することで、商品仕入や担当店舗の売上増に結び付けています。

Copyright(C) 2007  YAMAKI Co.,Ltd. All Rights Reserved.